作家同士の交友に注目
4月 21, 2016 — 20:25

Author: admin | Category: 小説雑記 | Comments: Off

他の小説家の作品も読みたいと思った場合、好きな作家と交友のある人の小説を読んでみてください。お互い刺激を受けている部分があるので、共通点があったりして面白いですよ。この選び方で本を選ぶとあまり失敗することがないからおすすめです。実際、私も新しい作家さんにチャレンジしよう!って思った時はこの方法で探します。誰と交友があるのか調べて、その小説家の本を読んでみると「やっぱり、こういった感じの作風が好きなんだ」と納得することもあれば、「全然好きそうな感じではないのに意外!」と思うこともあります。
最近もこうして見つけた作家さんの本があまりにも面白くて、ハマっています。今まで名前は知っていましたが、あんまり興味がなかったのでスルーしていたけど、読んでみたら独特の味があって最高です!処女作から最近のものまで一気に読んでしまいました。新作が出たら絶対に買います!また好きな人が増えてしまったので、さらに出費がかさみそうですが、そこは仕方がないと割り切っています。趣味にはお金を惜しみたくないし。そもそも読書が私の生きがいみたいな感じだから、買うのを我慢したらストレスが溜まりそう。それに仕事に対するモチベーションも低下しそうな気がします。

買っておいた耳栓が大活躍
4月 6, 2016 — 22:04

Author: admin | Category: 日常雑記 | Comments: Off

昔、なんとなく100均で耳栓を買ったことがありましたが、全く使う機会がなくて、そろそろ捨てようかなって思っていました。でも、捨てなくて良かったです。ようやく使う機会がきて、数日間助けられました。最近、近所で工事が始まって、騒音に悩まされていました。その音のせいで読書に集中することができず、困っていましたが、ふと耳栓の存在を思い出したのです。そして、使ってみたら嘘のように騒音が気になりません。100均のものだからあんまり期待できないって思っていたけど全然余裕です。おかげで読書に集中できるようになったし、睡眠不足も解消されました。
こんな風に普段は使わないけどあったら便利なものってけっこうありますよね。たとえば、文房具関係。自宅でホッチキスとか定規とか鉛筆ってなかなか使う機会がないけど、持っておけば良かったって思う時がたまにあります。あとはロウソクとか懐中電灯かな。停電になった時に必要になるけど、それ以外は使うことがないし。でも、こうやって「いつか使うだろう」って感じで買っておくと便利な反面、ものが多くなる原因にもなってしまうから注意しないとね。私の場合、無駄にしおりを買ってしまうクセがあるから気をつけます。

文芸誌のシフトチェンジ
3月 22, 2016 — 19:35

Author: admin | Category: 日常雑記 | Comments: Off

昔に比べると文芸誌が売れなくなっているそうですね。読む人が少なくなってしまって、どこの出版社も苦労しているという話を聞きました。他の雑誌よりもマイナーですし、図書館に行けば読めるというのも読書が限られている要因だと思います。人気が低迷していることもあって、シフトチェンジを始めているそうです。文芸誌というと大人の人が読むイメージが強いですよね。そこから脱却するために若者向けにシフトチェンジを図っているところが多くなってきました。これが成功すれば、もっと文芸誌の人気が出ると思いますが、まだまだ時間がかかりそうです。実際、私の周りで文芸誌を買って読んでいる人はごくわずかです。小説は好きだけど文芸誌には興味がないという人も多いので残念です。
私は文芸誌が好きです。連載している小説も面白いし、最新作が紹介されているし、新人のデビュー作だって読めてしまいます。文芸誌にしかない魅力があるので、もっといろいろな人に読んで欲しいです。読めばきっと面白さが分かると思います。今なら電子版もあるので、スマホでも読めてしまいます。買いに行くのが面倒な人は電子版の文芸誌を読んでみてはいかがでしょうか。いつでもどこでも読めて便利ですよ。

本屋さんの歩き方は人によって違う
3月 7, 2016 — 21:54

Author: admin | Category: 日常雑記 | Comments: Off

本屋さんの歩き方は人によって、かなり違います。友人と一緒に本屋に行くと、やっぱり歩き方が違うので、あとで合流します。みなさんの場合、一番最初はどこに行きますか?私は新刊からチェックすることが多いですが、友人はまずスポーツ雑誌からチェックします。そういえば、文芸誌からチェックする友人もいます。私の中では新刊からスタートするのが当たり前ですが、こんな風に人によって全く違います。みんなの歩き方を聞いているとなんだか面白いです。私の場合、新刊のチェックが終わったら、文芸誌を見に行きます。そこで好きな作家さんがいるか確認して、いたら買います。読書好きの人は文芸誌を読んでみてください。面白いですよ!それから帯をチェックして、面白そうな本がないか探します。
そして、たまに歩き方を買えると新鮮な気持ちで本屋さんを楽しめます。いつも利用している本屋さんでさえ、初めてきたような感覚で楽しめます。「今日はこんな風に歩こう」と決めてから本屋さんに行くと楽しさが倍増するので、みなさんもやってみてください!本屋さんで何度も同じ人に会うことがありますよね?それはその人と自分の歩き方が同じということです。だから、移動してもまた会ってしまいます。

大量の古本をもらいました
2月 21, 2016 — 9:51

Author: admin | Category: 小説雑記 | Comments: Off

友達が彼氏と同棲することになったので、「部屋の整理を一緒にして欲しい!」とお願いされました。手伝ってくれたら読まない本をあげると言われたので、二つ返事で承諾しました。ただ、いざ整理をはじめると荷物の多さに驚きました。何度か友達の家に行ったことがありましたが、ここまで荷物の多いとは思っていなかったので、かなり苦労しました。クローゼットにいらないものがたっぷりとあって、これを処分するのに物凄い時間がかかりました。一日かけて整理をして、その報酬に約束通り大量の古本をもらいました。読んでもいいし、売ってもいいし、好きにして!と言われたので、半分くらいは売ると思います。半分くらいは読んだことがあるものだったし。
大量の古本を入手したので、しばらくは本を買いに行ったり、借りに行く必要がなさそうです。小説にばかりお金も使ってられないし、友達に感謝ですよ。あとはどうやって本を売るかです。ここまでたくさんあるとお店まで行くのがちょっと大変。やっぱり、家まで来てもらおうかな。出張買取なら電話一本で買取に来てくれるので便利です。ただ、できればいつもお世話になっているお店に売りに行きたいのが本音です。そこの方が高く売れるし。

本を買いに行く行為が楽しい
2月 6, 2016 — 0:40

Author: admin | Category: 日常雑記 | Comments: Off

友人に「本なんてネットで買えばいいのに」と言われました。たしかにネットで買った方が楽ですよね。届くのを待つだけなので、こんなに楽なことはありません。それに電子書籍ならダウンロードするだけで読めてしまいます。だから、私もネットで買うこともありますが、割合としたらまだまだ買いに行く方が多いです。私は「本を買いに行く」行為を楽しみたいので。非効率的と思われるかもしれませんが、わざわざ本屋さんまで足を運ぶのが楽しいです。通販やダウンロードだとこの楽しさを味わうことができません。売り切れていないかドキドキしながら本屋に行ったり、欲しい本がどこにあるのか探したり、なんとなく本屋に立ち寄ったりとかそういった楽しみがあります。だから、これからも本屋さんに行って小説を買い続けると思いますよ。
そして、私はあの本屋さんの雰囲気が大好きです。書店の雰囲気って独特じゃないですか?図書館でもないのに静かですし、みんな真面目な顔をしながら立ち読みをしています。それにあのインクのニオイがたまりません!「今、私は本に囲まれている」と感じるので、幸せな気持ちになります。通販やダウンロードで本を買うことが多くなったと思いますが、たまには本屋に行ってみるのも面白いですよ。

憧れの先輩からもらった小説
1月 21, 2016 — 18:03

Author: admin | Category: 小説雑記 | Comments: Off

高校生の時、憧れの先輩がいました。その人はひとつ学年が上で、ものすごく綺麗な女性でした。こんな女性になりたい!ってよく思っていました。髪型とかしぐさ、しゃべり方とかを真似した記憶があります。私が高校2年生になってから、その先輩と友達の繋がりで、よく遊ぶようになりました。一緒にカラオケに行ったり、ショッピングに行ったり、映画を観に行ったりして楽しかったです。そして、時には本屋にも行きました。先輩も小説が大好きだったので、当時は小説の話をかなりしていたと思います。すごく良くしてくれていたので、先輩が卒業する時は悲しかったです。しかも、地元から離れると言われたのでショックでした。
そんな私に先輩が1冊の本をくれました。それは一番その人が好きだと言っていた小説です。今でもその本は大事に持っています。この小説を見る度に当時のことを思い出します。卒業してからも連絡は取り合っていましたが、だんだん疎遠になってしまって、つい最近までお互い何をしているのか知りませんでしたし、連絡先も知りませんでした。この前、偶然街中で出会って、運命の再会を果たしました。とても元気そうだったので良かったです。しかも、意外とうちの近くに住んでいてびっくりしました。

消費期限と賞味期限を間違えて食べてしまった
1月 6, 2016 — 19:46

Author: admin | Category: 日常雑記 | Comments: Off

先日、知り合いから洋菓子をもらいました。有名なお店の洋菓子の詰め合わせだったので、とても嬉しかったです。早速、小説を読みながらバクバクいただきました。ただ、かなりの数が入っていたので、さすがに1日では食べきることができず、何日かに分けることにしたのです。しかし、すっかりとその洋菓子の存在を忘れてしまって、数日放置してしまいました。まだ食べれるのかどうか調べてみると3日ほど過ぎていましたが、賞味期限が少し過ぎてもいけるだろ!って思って食べました。味は全く問題なかったですが、後からあることに気付きました。賞味期限だと思っていた日付は、実は消費期限だったのです。やばいと思ってももう遅かったです。全部食べてしまっていたので。
賞味期限は美味しく食べられる期限なので、少し過ぎても食べることができます。でも、消費期限は食べても安全な期限なので、その期限内に食べないとちょっと危険です。すっかりと見間違えてしまいました。今のところ、お腹が痛くなったりそういったことはないので大丈夫そうですが、今度から気をつけたいと思います。一度、食あたりを経験したことがありますが、本当に苦しかったので、もう絶対に味わいたくないです。

あのネコちゃんはいずこへ?
12月 22, 2015 — 23:10

Author: admin | Category: 日常雑記 | Comments: Off

ある日、公園で小説を読んでいると一匹のネコちゃんが寄ってきました。それはそれはもう可愛いネコちゃんで、人間にも慣れていて普通に触らせてくれました。それからしばらくの間、公園に行ってその猫とたわむれるようになりました。その時間がとても幸せでした。数ヶ月もすると私の膝の上で寝るようになり、本当に愛おしい存在になりました。このまま家で飼いたいなって思いはじめた頃、ぱったりと姿を見せなくなったのです。もうかなり経ちましたが、いまだに姿を見ていません。あのネコちゃんはどこに行ったんでしょうね?事故にあっていなければいいけど。
その猫がいなくなってから公園で本を読んでいても前より楽しくなくなりました。あの頃が一番楽しかったです。それでもまた会えることを信じて、休みの日は公園に行くようにしています。もし、また会うことができたら思い切り可愛がりたいです。あのモフモフした毛触りを忘れることができません。私を癒してくれる大切な存在だったので、このままお別れするのは悲しすぎです。でも、どこかで他の人が可愛がって飼っているのであれば、私は諦めます。私の場合、仕事があるからいつもそばにいられるわけではないし。それならいつも家にいる人のところにいたほうがいいかなって思います。

高級食材が食べられない友人
12月 7, 2015 — 22:44

Author: admin | Category: 日常雑記 | Comments: Off

私の友達に高級食材が食べられない子がいます。嫌いなわけではないようですが、美味しいと思えないそうです。たとえば、ウニ、イクラ、フォアグラ、アワビ、カニとかは好んで食べないと言っていました。私にとってはものすごいご馳走なので勿体ないなって思います。だから、一緒に回転寿司に行くと食べ物が限定されています。この前、一緒に行ったのですが、サーモンとツナマヨの繰り返しでした。他のネタも嫌いではないけど一番サーモンとツナマヨが美味しいみたいです。だから、回転寿司に誘って申し訳ない気持ちになりましたが、本人が美味しそうに食べていたのが救いです。
ちなみにその子は有名な小説もあんまり読まないです。小説は大好きでかなりの数を持っていますが、メディアで取り上げられるような作品は読まないそうです。別にこだわりがあるわけではなく、騒がれると興味がわかないみたいです。そのため、家にある作品はほとんどマイナーです。でも、マイナーだけど質がものすごくいいです。私もこの子の影響で好きになった作家さんがいるし。マイナーでも面白い作品はいっぱいあるので、作家さんの知名度や作品の知名度だけにこだわらない方がいいと思います。またその子におすすめの本を紹介されたので今度読む予定です。

次ページへ »